住宅のことなら松井産業に任せて安心です|多様なサービス

建築家に設計を依頼する

住宅模型

打ち合わせを行う

建築家に新築一戸建ての設計を依頼した場合、まずは打ち合わせをしますが、どんな家を建てたいのか希望をできるだけ整理しておきます。合理的な水回りや広いテラスが欲しいとか、ゆとりある収納や日当たりや通風がいいとか、あらゆることを挙げてみます。しかし考えがまとまったつもりでも矛盾があるかもしれません。そこで、自分や家族の生活形態をじっくりと分析してみましょう。川西に新築一戸建てを建てて一番に実現したいことと、そうでもないことの区別をつけてください。迷ったり、家族の中で意見が分かれることもあるでしょう。だからこそ建築家の存在があるのです。第三者で信頼のおける専門家に客観的な意見をもらえるのは、自分達の希望を整理するには有効な手段です。こうした話し合いが進んだ時点で、予算をできるだけ正確に伝えます。また、川西に新築一戸建てを建てるには検討すべきことが大変多く、川西の悪天候で工事が中断してしまうこともあるため、スケジュールにはゆとりを持つことも大切です。快適な新築一戸建てを川西に作るには、自分たちの本音をきちんと建築家に伝えなければなりません。ですから自分や家族と合う建築家を選ぶのが重要なポイントです。但し、何度も相談したりラフなプランを提案してもらえなかったとしても、費用は請求されます。契約する前に設計管理では具体的に何をしてくれるのか、その金額や支払い方法についても確認しておきます。大抵は3回以上の分割払いが一般的です。設計契約時に1回目の支払いをしますが、全額の凡そ1/5〜1/3と考えてよいでしょう。